辛くて悩んで後悔した日々もう戻りたくない

私は20代前半で大手ショッピングセンターだと思っていた会社のカードを作りました。しかしそれは大きな勘違いで普通の消費者金融と変わらないカードでした。若かった私は怖さを知らずにお金を借り、好きな物をカードで買いリボ払いにし、借金の額はどんどん膨れあがり返済が追いつかないのでまた違う会社のカードを作ってお金を借り返済。しかし返済額の半分は利息。なので全然元金が減らない。そんな日々を何年も続けました。考え方がマヒしているので、お金を借りているという自覚はあっても、何故か自分のお金の様に思えていて枠が空けばすぐに使うという始末。

このままじゃ本当にまずいと考えおまとめローンでまとめてみたはいいものの昔のカード2枚のうち1枚は折って捨てたのですが、もう一枚の大手ショッピングセンターのカードはいつか海外旅行に行った時に必要かもしれないからと手元に残したのです。それがまた地獄の始まりでした。おまとめの方はもうお金を借りられないので前から持っている1度全部おまとめで返済したカードをまた使用し、金欠の時に使ってしまいました。最初は一万円だけと思い使い始めたのに、最終的には枠一杯にお金を借りていました。バイトをしたり正社員で働いたりしてた時は返済をちゃんとしていたのですが、仕事を辞めてしまったときに最終的に返済が出来なくなり実家に金融会社からの手紙が届くようになりました。

私は実家を離れて暮らしていたので、両親がなんでこんなに手紙が来るのかと不審に思い中身を見たところ200万以上の借金の返済が出来ていないという通知。両親は何も知らなかったので嘘でしょ?と私に電話をしてきました。私はもう本当の事を伝えようと思い全て父親に話しました。母親はもううちの子じゃないとその時は縁を切るとカンカンに怒っていました。が、父親は1度だけ助けてやる。でも次はないからな、と私の借金を全て返済してくれました。本当に救われた瞬間でした。

借金があった日々を思い出すといつも何かに追われていて精神的にとても辛い日々でした。両親がいなければ今もあの辛い日々が続いていたのだと思うだけで怖くなります。自分の過ちで両親からのお金に対しての信用もなくなり、心配をかけ本当に後悔しています。今はどこにも借金はありません。カードも持たないようにしています。キャッシングはサイクル的に使ってしまうものだと思います。今はとても短かに使用出来ますみたいなCMが流れていますが、キャッシングは全然普通の事ではないと思います。若い人は簡単に借りれるからとお金がない時に簡単に利用したりしてしまいそうですが、絶対にやめたほうがいいと私は思います!お金がないから借りるのだから返せるわけがないです。