返せるという自信があってもなかなか抜け出せないキャッシング地獄

後一万あれば。これが地獄の始まりです。後一万あれば給料日まで大丈夫。と一回キャッシングに手を出した。その頃は、一万を借りたら一万返せば良いんだという無知な自分。自分の貯金のような感覚で、気軽に引き出せてしまう。後一万から、後数万借りれるから、大丈夫。次回返すから大丈夫。と考えが変わっていくのである。

収入に見合った生活をするもの。それは充分にわかっていた。しかし、キャッシングという甘い蜜に誘われ、アリ地獄に入り込んでしまったのである。返済をしながら、また借りる。返済が終わる事はない。定期的に収入があれば、そこで返せるのだろう。しかしその時の自分にはなかった。

入った時に返そう。だから大丈夫。と思い込むのだ。しかし、入った時には、違う物に変わってしまうのだ。なので、返済もなかなか進まない。貯金もゼロな自分。何かあった時にまとまったお金を用意することは出来ない。そういう時に、借り、まとまって入った時にそのまま返す。というのが利口な使い方なのだろう。それが出来ない自分は、後で後悔するのだ。

キャッシングには、返済する時に利息が発生する。一万を返しても、一万を返した事にはならない。母が良く言っていた。借りたら二倍必要なのだからね。と。知り合いに借りるなら、二倍で済むが、キャッシングは二倍では済まない。生活でまた必要な分、返す分に利息がプラスされる。1人だったら、じっくり時間をかけてでも返しただろう。
しかし、配偶者も同様に、キャッシングをしていた。そのまま働いていれば、二人で働いて返して行く道もあった。でも、そんな地獄の中で更に地獄に落ちるのである。

会社のクビが決定。収入が全くなくなる中、借金だけが残る。家賃も払えない。自己破産するしかなかった。後一万から、こんな地獄が待っているとは、想像もしていなかった。生活費で足りない分は、借りない事が一番。生活している以上お金はかかるが、急な出費な時だけにしないと、このアリ地獄のような地獄からは抜け出せないのである。