銀行カードローンと消費者金融の違い

銀行のカードローンと消費者金融のキャッシングはどちらも全く同じという訳ではないです。基本的に使用用途を制限せずにお金を貸し出して担保や保証金は不要である事はどちらも共通していますが、いくつか異なる点もあるのです。それではどういう所が違うのかを説明します(おすすめサイトはこちら→即日 カードローン 比較

まず、金利は個別に設定されている値が異なっているのですが、銀行と消費者金融では銀行の方が金利が低くなっている傾向があります。そのために少しでも金利が低い所でお金を借りたい場合は銀行から探した方が良いですし、総量規制の対象となるかどうかという違いもあります。

消費者金融からお金を借りる場合は総量規制が適用されるという事に注意しなければならず、総量規制で借りる事が可能な金額の上限が年収の三分の一までとなっています。また、収入証明書の提出義務についても義務付けられていて、借入額が50万円を超えると収入証明書の提出を必ず行う必要があります。

銀行の場合は総量規制の対象外となるので年収による借り入れの制限はなく、収入証明書の提出条件についてもそれぞれ独自の判断で定めています。その他の違いとしては融資までのスピードに違いがあります。

銀行でも最近では大分融資が早くなってきているケースも多くなってきてはいるのですが、急いでお金を借りたいという場合は消費者金融の方が早く借りる事が出来る傾向があります。ただ、銀行でも一部では即日融資に対応していたり土日や祝日でも対応可能というケースもない訳ではないです。