借り換えの場合のカードローン

カードローンを利用する方の目的を見ると圧倒的に生活費が多いですが、最近は借り換え用として利用するケースも増えています。以前と比べてカードローンは低金利になっており、古くから利用しているカードローンは金利が高めになっているため、借り換えを希望する方が多いわけです。

また銀行カードローンの審査が以前ほど厳しくないこともあり、消費者金融から乗り換えるケースも目立ちます。それにより一気に3%くらいも金利を下げることができるので、毎月の返済額にしっかりと反映されてきます。

借り換えをする時期ですが、これは今より低金利ローンを発見したときです。例えば18.0%のローンを利用しており、15.0%のローンを見つけたなら乗り換えするべきでしょう。ただし、総量規制の対象となるローンの場合だと、一時的に借り換え資金を借りようとすれば年収の3分の1をオーバーしてしまうはずです。そうなると必然的に総量規制対象外の銀行カードローンが主な選択肢になるはずです。

ローン返済が厳しくなったときに重宝するのがおまとめローンですが、借入先が1件しかなくても低金利ローンを見つけたら乗り換えするべきでしょう。低金利ローンに借り換えして困ることは何一つありませんし、低金利になると毎月の支払いが楽になり、さらに完済までを短縮できます。

返済できない借入をして困るのは自分なので、計画的に返済できる借入額・利息まで圧縮する必要があります。借り換えカードローンの場合だと審査に落ちても現状が悪くなることはないので、安心して審査を受けられるのもメリットです。

コメントを残す