カードローンの返済はどうしたらいいの?

カードローンは家計において強い味方となってくれます。誰にでも不意の出費はあるものですし、大きな買い物が必要なこともあります。そんなときには、こうしたローンを利用することで、事態を収拾することができるのです。

しかし、借金である以上、返済は必ず行わなければなりません。もしそれを怠ってしまうと、様々な責任を追及され、財産の処分や信用の失墜などを招く恐れがあるのです。

カードローンの返済においては、分割して月額払いを続けていく形式が一般的です。とはいえ、過剰なまでの支払金は、生計そのものを成り立たなくさせてしまいます。それだけに、事前にきちんと返済プランを立てておく必要があります。

金融機関の窓口でカードローンを契約するときは、月々の返済額などを提示してくれますので、この際にしっかりと説明を受け、相談していくことが大切です。では、月々の支払額の目安とは、どれくらいなのでしょうか。

結論から言えば、手取り月収の1割、多くても2割に留めておくべきです。無理な計画は、決して完遂することはできません。生活の支障のない範囲で支払いを続け、5年以内に完済できるようにしておきましょう。また、毎月の支払いに加えて、ボーナス払いを活用するのも有効です。

カードローンの多くは、こうした柔軟な返済方法に対応しています。毎年ボーナスが出るのであれば、その半分ほどは返済に回して、早期の完済を目指すのが賢明です。堅実な計画をもとに、カードローンを便利に使っていきましょう。

コメントを残す