カードローンの審査について

カードローンの審査は、申し込み先によって基準は違います。たとえば、大手銀行が提供するサービスの場合は、基準は非常に厳しいです。それぞれの項目に高い条件が設定されていて、収入が安定していても落されることはあります。

信販会社や流通会社、消費者金融は比較的基準は緩く、銀行ほど高い条件を要求されません。基本的には、安定した収入があれば問題ないと言われるほど、借りやすいカードローンとなっています。審査に対して不安があるなら、基準が比較的緩い信販会社や流通会社、消費者金融に申し込むと良いでしょう。

カードローンの申し込みで審査をされる項目は、職業や勤務先、年収、勤続年数などです。職業は安定しているほど良く、勤務先も規模が大きいほど有利になります。
年収も当然ながら多いほうが有利となり、勤続年数も長ければ長いほど良いです。
つまり、不安定な職業で勤務先の規模が小さく、年収も少ない新入社員は、カードローンの審査で不利になります。しかし、カードローンの審査項目はこれだけではなく、年齢や家族構成、持ち家であるかなども対象です。

さまざまな項目を総合的に判断して審査されるので、どれかひとつ基準を満たせなくても、カードローンを利用できる可能性はあります。
また、審査では申込者の属性だけでなく、他社の借入件数や借入金額なども調べられます。複数のカードローンでお金を借りていると通ることはないので、重複して利用するのはやめましょう

コメントを残す